債務整理をすると連帯保証人を困らせてしまう

債務整理をすると連帯保証人を困らせてしまうことがあります。

自分自身で支払う必要がないという事は、本人の代わりに連帯保証人が支払うという事になっていきます。

ですから、それを十分胸に刻んで債務整理をしていくべきだという気がしますね。

債務整理の中でも任意整理という方法なら、連帯保証人付きの借金はそのままにしておくことができるので、困らせることはないでしょう。

もっとも、その借金を支払い続けられる収入がないとダメですけどね。

借金の元金を減らしてもらえる個人再生や、借金がゼロになる自己破産の場合は、債権者は本人から回収できなかった分は連帯保証人に請求するのです。

連帯保証人は、自分が借りたわけでもない借金の取り立てをされることになるのです。

ただでさえ嫌な取り立てを人の借金でされるなんて迷惑ですよね。しかも、絶対に逃げられないのですから支払にも困ってしまうのです。

連帯保証人も支払えなかったら、債務整理しなくてはいけなくなるのです。

もし、借金の返済が困難になって、債権者から取り立てされるようになったいたら、無視しないことです。

連絡を取って事情を話し、支払日を遅らせてもらうとか、なんらかの対策をしないと、本人から取れないと判断すると、連帯保証人に借金の取り立てをするようになります。

また、個人再生や自己破産の申立をすると、債権者には通知がいきますから、そのことが分かった時点で連帯保証人に支払い請求を送りつけてきます。

多額の借金を一括で支払えという場合もあるので、連帯保証人は困惑しますよね。

連帯保証人付きの借金を任意整理したとしたら、どうかというと、債権者にしてみたら、連帯保証人に請求した方が得策なのです。

任意整理は債権者と直接交渉して、利息カットなどで支払額を調整するので、その交渉に応じるより、サッサと連帯保証人に請求した方が取りこぼしがないですからね。

そもそも、連帯保証人は、借金した人と同じ返済義務があるので、本人に支払い能力があっても、連帯保証人に請求しても構わないのです。

普通、遅延なく支払っていたら、本人を飛び越えて連帯保証人に請求することはないのですけどね。

それくらい、連帯保証人の義務は大きいってことです。家族間でも保証できない借金の連帯保証人にはならない方が良いですね。

さて、正規の貸金業者の場合は、連帯保証人でもない家族に取り立てたりすることはないのですが、ヤミ金は家族にまで取り立てすることがあります。

そもそも、ヤミ金は貸すこと自体が違法行為なので、どんなに厳しい取り立てをされても、支払う必要はないのですが、普通は怖くてそんなことできないですよね。

警察は事件にならないと動いてくれませんから、闇金から取り立てを止める方法は、弁護士などに依頼するのが一番です。