債権調査票は債務整理をおこなうとき必要な書類です

債権調査票とは、債務整理をおこなう時に、どこからお金をどれくらい借りているのかをはっきりと指せるための書類で示したものです。

お金を借りている会社に要請すると貰えます。

ヤミ金だったりすると、対応して貰えないこともあるでしょうけれど、その時は、書面を自分で用意すれば大丈夫です。

自己破産で債務整理するときは、負債だけでなく、現金、預金の他に財産があれば、それらも全て一覧表に拾い出さなければなりません。

自己破産は、借金を返すのがもう絶対にできないということを裁判所に分かって貰い、法律によって、借金を帳消しにしてもらうことができるシステムなので、生活する中で、最低限、要する財産以外は、何もかも手放すことになるはずです。

誰でも、借金がもう払えない状態になったと認めてもらえれば、自己破産をすることが可能です。

しかし、自己破産などの債務整理を行ってから、住宅ローンを銀行で申し込むと利用できなくなるでしょう。

債務整理をしてしまうと、その後の数年間は、お金をどこに行っても借りられなくなるのです。それは、信用情報にブラックリストとして載ってしまいうからです。

利用したいと思うのならそれなりの時間をおく必要があります。時間というか、何年もかかります。

任意整理は債務整理の中でも状態が軽い人が行える方法ですが、債務整理後は借入ができなくなるのは同じです。特に任意整理の打ち合わせをした業者に借り入れすることは難しくなるでしょう。

でも、任意整理が終わった後、さまざまなところから借りていた借金を返し終わったら、5~10年ほど経てば、信用情報機関に、登録済みの情報が消去されますので、それからは借金することが可能になるはずです。

任意整理は、おおかたの場合は弁護士とか司法書士が債務者に代わって話し合う場をもうけ、月ごとに支払う金額を減らすことで、完済の目途がつきます。

自分で交渉しなくて良いので気が楽ですが、債権調査票に債権者を漏れなく拾い出して、整理する業者を選択しないといけません。

まあ、任意整理は書類は一番簡単なんですけどね。

もっとも面倒なのは、個人再生かも知れません。債権調査票より面倒なのが返済計画案です。

個人再生をするには、返済計画案を出す必要があり、これが裁判所で認可されないと認めて貰えないのです。

もちろん、認めて貰えなければ、個人再生は失敗に終わるので、費用がかかっただけで借金は減ることもなく、借金に苦しむことになります。

いずれにせよ、どの債務整理を行うにしても、債権調査票は必要になるということです。