個人再生とは返済整理の一種で借入金を少なくしてその後の返済を緩和するというものであります。

これを行なうことにより大部分の人の生活が楽になっているという実態があります。

私も先日、この債務整理をして助かったのです。

 

債務整理を済ませた後は、携帯料金の分割払いができないようになります。

これは携帯電話代の支払いを分割にすることが、お金を借りていることに当てはまるためです。

だから、携帯電話を買おうと思うのだったら、一括でお金を払って購入することになるのです。

全ての借金をなくすことのできるのが自己破産の制度となるのです。

借金で辛い思いをしている人には喜ばしいことですよね。

 

ただし、メリットだけではございません。

当然のこと、デメリットもございます。

車や家など財産は全て手放さなければなりません。

さらに、およそ10年はブラックリストに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。

借りたお金が多すぎて、にっちもさっちもいかない時は弁護士や司法書士にアドバイスを求めましょう。

 

これ以上は返すあてもないという場合は自己破産という手順がふめます。

数年の間、海外に渡航できなくなるなどの制限をうけますが、借りているお金がなくなります。

個人再生という選択をするには、必須条件として安定収入などの一定条件があります。

裁判所をとおさずに交渉し、合意成立してから、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査の段階でNGが出されます。

 

一度、信用情報機関のブラックリストに記載された場合、登録が削除されるまでには5~10年の月日が必要であるため、以後だったら借り入れが可能です。

何社かの金融機関からの借り入れや複数のカードで融資を受けていると月々に返済する金額が大聴くなって経済的な足かせになってしまうでしょう。

そんな場合に債務整理をすることで、負債を全てすべてを集めて一本化することで月々に返済しているお金を結構引き下げることができるという大きな利点があるのです。

 

債務整理を悪徳弁護士に頼んでしまった場合、最悪な事態になるので要注意です。

インターネット(パソコンに限らず、携帯やテレビなんかでも楽しむことができますね)の口コミなどで健全な考えの弁護士に頼まないと法外な手数料を請求されたりしますから気を抜かない方がいいでしょう。

要注意ですね。

 

債務整理を行なうと、結婚をする場合に影響が出るのではないかと思っている人がいますが、債務整理なしに、多額の借金を抱えているほうが問題です。

債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、家を建てる場合、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。

7年以上間をあければ月賦が組めるようになります。

 

個人再生にはある程度の不利な条件があります。

一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多かっ立という事例もあります。

また、この仕方は手続きが長期間になるため、減額してもらえるまでに長い時間を要することが多々あります。

借金の返済ができなくなった場合に、お金を借りている人は、弁護士をとおして債権者といっしょに話して返す金額を調整します。

 

これが任意整理という手続きですが、任意整理を行なう際に、銀行預金が、凍結されることがあります。

銀行に預金がある場合は債権者に、返済金額の一部として取られてしまうので、事前におろしておきましょう。