借りたお金が多すぎて困った時は!

2018年4月16日

借りたお金が多すぎて、どうしようもなくなった時は弁護士や司法書士にアドバイスをもとめましょう。

 

これ以上は返すあてもないという場合は自己破産(地方裁判所に債務者本人が申し立てて、破産宣告を受けることをいいます)という措置を受けることが出来るのです。

数年の間、海外に渡航できなくなるなどの制限が発生しますが、借金額が0円になります。

免責となることで借金を返済する義務がなくなるからです。

お金を返す方法に悩んだり、金策に走り回らないでよくなります。

特にあまり財産がない人にとっては、借金返済の為に手放すハメとなるものがほとんどないので、良いことが多いと思われます。

 

自己破産までしなくて良い場合に、個人再生という選択をするには、安定した収入が持っていることなどのある程度の条件があります。

個人再生には何個かのデメリットが存在します。

一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士に払うお金が上回ったなんて事例もあります。

しかも、この方法は手つづき期間が長くなってしまうため、減額してもらえるまでに長い時間を要することが多くあります。

ほかには、任意整理という方法もあって、債権者との交渉で返済できるようにしてもらうやり方です。

このように、借金の整理と一言で言っても色々な種類が選択出来るわけです。

どれも特性が違うので自分はどれをチョイスすればいいのかというのは専門家のアドバイスを受けて結論づけるのがいいと考えます。

借金の額が大きくなってしまって債務整理をした場合、新たに借金をしようとしたり、カードを作りたいと思っても、情報が信用機関に残るため、審査を通ることは出来ず、しばらくは沿ういった行為を行えないといった事になります。

借金癖のある方には、おもったより辛い生活となるでしょう。

 

債務整理をしたことがあるという記録は、おもったより長い期間残ります。

これが残っている期間は、新たな借入ができないでしょう。

情報は何年か経てばいずれ消されますが、それまでは誰もかれもが見ることができる状態でのこされているのです。

また、債務整理をしたら、結婚をする際に影響があるのではないかと案じている人がいますが、債務整理をしなくて、多額の借金があるほうがオオゴトです。

 

デメリットとして挙げられるのは、家を建てたい際に、債務整理後、7年間は住宅ローンが組めない事でしょう。

でも、7年以上間をとれば月賦が組めるようになります。