色々な消費者金融から借り入れをしていると返済できなくなり、債務整理することになりますよね。

債務整理にも色々な方法があり、最悪の場合は自己破産ですが、自己破産してしまうと借金を清算することができるので、気持ちが楽になります。

しかし、自分では手続きが難しいので専門家に依頼しますよね。

債務整理を弁護士、司法書士に委託するとき、最初に気にするべき問題は着手金及び以降かかって来る経費のことです。

着手金の平均金額は一社につき二万円程。

中には着手金0円を掲げる弁護士事務所も見かけますが、これは同時に過払い金還付請求がある人に限るので、注意が必要。

 

債務整理のうち自己破産という方法を選んで無事やり遂げた友人がいました。

日々思っていた返済できない、さらに延滞したらどうなるんだろうという心配から自由の身となることができ、心がとても楽になったとのこと。

しかし、もっと早く債務を見直すべきといっていました。

 

借金を解決するための債務整理は専業主婦でも用いることができます。

もちろん、内々に手続きをすることもできると思いますが、借金の額が大きいときは家の者に相談した方がいいです。

専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士にアドバイスをもらって何とかすることが可能です。

 

債務整理というものをやったことは、仕事先に知られないようにしたいものです。

仕事場に連絡されることはないので、隠しつづけることはできます。

とはいえ、官報に記載されてしまう場合もあるので、見ている方がいれば、知られる可能性もあるでしょう。

まあ、一般人が官報をみるなんてことはないですけどね。

 

債務整理をすると生命保険を解約しなければいけない場合があります。若いときからの生命保険は掛け金が安いので解約したくないですけどね。

債務整理をした場合でも生命保険を辞めなくて良い場合があるのです。任意の整理を行っても生命保険を辞める必要はありません。

注意する必要が生じるのは自己破産をする際です。

自己破産を行うとなると生命保険を辞めるように裁判所の方から指示される場合があるでしょう。

解約払戻金がある生命保険は、確実に解約に追いやられます。

なので、債務整理するなら任意整理が良いのですが、無理な計画だと和解金が払えなくなる時があります。

そんな場合に、債務整理には再和解というのがあったりします。

再和解というのは、任意整理後に、再び交渉して和解することを意味します。

これは可能な場合と不可能な時があるでしょうので、可能かどうかは弁護士に相談後に考えて下さい。

 

借金が返せないほど膨れ上がった場合に、お金が返せない人は、弁護士を通して債権者と相談して、返す金額を調整します。

これが任意整理ですが、任意整理を行なう際に、銀行口座が凍結される惧れがあるでしょう。

銀行口座にお金がまだ残っている場合は債権者に返済すべきお金として取られてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。

 

債務整理には場合によってはデメリットもあるのです。

債務整理に陥るとクレジットカードなど、お金を借りることができなくなるのです。

つまり、お金を借り入れできない事態となってしまい、キャッシュだけで買い物をすることになってしまいます。

これはまあまあ大変なことです。